Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

入院2日目 痔ろう手術

結構早い時間に起きた。

・体温測定。

手術までは安静にということでベッドで静かにしていた。


8時。
ナースコールでナースステーションへ呼ばれる。
・点滴の痛くなくなるシールを左腕に貼られる。

・浣腸される。
「自分の部屋に戻ってもいいけど、間に合いそうになかったら隣りのトイレでもいいよ」と
言われる。
とりあえず階段を上り自分の部屋に戻ったところで便意を催したのでトイレへ。
出た!
ナースコールで状態を報告。
OKらしい。


安定剤を今日も服用。
絶飲食だけど、持病の薬も少しの水でならOKとのこと。


10時くらいだったかな?
手術らしい。
痔ろうパンツとタオル、パッド、薬(持病の薬)を看護師さんと一緒に持って行く。


手術室。持ってきたものを渡して、パンツを脱ぎ、手術台に乗る。
寝巻きの下は何もなし。いろいろ機械をつけるからブラもつけちゃダメらしい。
座った姿勢で背中に腰痛麻酔をされる。
チクーっと痛い!


点滴とか脈拍?血圧などいろいろ機械をつけられ横になる。
目に布を被せられる。


誰かに「肛門を締めてみてください」と言われたけど、できない。
もう麻酔が効いてるみたい。


そのうち手術が始まった。
というのは本当に全く感覚がない。
途中からなんだか膀胱を引っ張られてるような感じはずっとした。


痛みも恐怖も全くなく終了。
手術後、寝たまま先生からお話があった。
図を見せられ、「ここをつなげておきましたからね。」とか何とか
説明された。頭がボーッとしてるからはっきり覚えてない・・・。


誰かに痔ろうパンツやパッドを履かせてもらったんだと思う。
その後そのままストレッチャーに乗って病室へ。
部屋のベッドに、すべるように乗せられる。


今日1日頭をあげないように、起き上がらないように指示。
おしっこも導尿カテーテルで自動的に。


時計を見たとき、10時45分で、それが部屋に戻ってきた時間だったのか
ホッとした時に見た時間だったのか分からないけど、
手術自体は15分ぐらいだったのかあなぁ?


安定剤の効果もあるし、疲れていたのか結構寝れる。
定期的に看護師さんが点滴やガーゼの交換などに来てくれた。


術後3時間後(13時20分)から水分がOK。


とにかく安静にということで、ホント動かないようにしていた。
麻酔のかけてある下半身は触っても感覚がなかった。
しびれてる時のように足が大きく膨張してるみたいだった。


休みをとってくれていた主人が来てくれた。やっぱり安心。


途中痛みが出てきて、痛み止めの注射を1回打ってもらった気がする。


18時。
・流動食(お吸い物。ジュース。など4品ぐらいあったような。)
これも寝ながらストローで飲んだ。
ちょうどその時父母もいたので、手伝ってもらった。


そして今日からたくさんのお薬が始まる。
たぶん痛み止めとか化膿止めとかなんだと思う。退院するまで続く。


今日も早く寝た。お昼もいっぱいウトウトしてたのによく寝れる。

点滴はずっとつけたまま。

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

検索フォーム

QRコード

QR

Extra

プロフィール

ことり

Author:ことり
・11年12月 肛門周囲膿瘍手術
・12年 5月 痔ろう手術
・12年 9月 遺残膿瘍手術
・13年 2月 完治

最新記事

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。